無料ブログはココログ

amazon

フォト

« HDDがこわれた | トップページ | 窓口の待ち時間 »

2010年10月29日 (金)

素数は無限に存在する

素数とは、1とそれ自身以外で割り切れない自然数の事をいう。

たとえば、1, 3, 7, 11, 13, 17 ... などがそれにあたる。

この素数が無限に存在することが数学的に証明されている。

無限に存在することを理由に、コンピュータでいかに大きい素数を見つけるかを計算している人もいる (コンピュータの性能を測るにはπを計算する方法もある)。

素数を求めるには、ただひたすら他の整数で割り切れないかを計算することになると思う。

最近では1000万桁の素数を求めたとの話もある。

でも、でも、そんなに求めて何になるの? 単に電気代の無駄では? ちっとも地球に優しくないと思うのは愚の骨頂だろうか?

« HDDがこわれた | トップページ | 窓口の待ち時間 »

数学、科学」カテゴリの記事