無料ブログはココログ

amazon

フォト

« フーリエ展開はチョウ不思議 | トップページ | 福島原発でのコウナゴ汚染について »

2011年3月25日 (金)

福島原発での東京都水道水汚染について考える

福島原発の事故の影響で、最近の東京都の水が放射線汚染されたので、乳児のミルクには注意とのお察しが出た。

1kgあたり100ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたとの事であった。今朝になって100ベクレル以下になっているが。。。

このさわぎの影響で各所でミネラル・ウオーターが品不足となっていると聞く。

そもそも100ベクレルとはどのようなレベルだろうか。

1歳未満の乳児のように水(ミルク)だけを摂っていて、尚且つ、一番の成長期であるあるからとの事である。

しかしながら、それほど騒ぐレベルではない。

1年間摂取し続けて、100人あるいは1000人に一人の割合でしか影響が出ないレベルである。

なのに、「離乳食には影響ないか」とか、「胎児には影響ないか」とかの問い合わせも発生している。

「離乳食は水だけでできているものではないので影響ない」とか、「胎児は母親の食事から栄養が行くので、水だけではないので影響ない」とかの返事で追われている。

さらには、家庭の炊飯にまでミネラル・ウオーターを使用するケースも出ている。(ひぇ~)

まったく科学の知識のなさには驚かせられる。もちろんマスコミが騒ぎすぎることも原因であろう。

1歳未満の乳児でも、ミネラル・ウオーター不足がそれほど心配ならば、水道水と半分半分にすれば放射線濃度は半分になり、基準以下になる。

さらに放射線には半減期があり、今回の放射線濃度は数日で半分になる。

そもそもこの基準はチェルノブイル原発事故の時に作成された。絶対と言っていい程の安全基準で作られた。

自然界には放射線が飛び回っているし、飛行機に乗っただけで宇宙からの放射線も受ける。

問題はそのレベルがどの程度で、その影響度をしっかり理解しているかどうかである。

もう一度言うが、通常の生活では全くと言っていいほど問題はない。

-----

放射能とは放射線を発生する能力の事を言い、発生されたものを放射線と言う。テレビなどで、「放射能が発生した」などと言うのは間違いである。

« フーリエ展開はチョウ不思議 | トップページ | 福島原発でのコウナゴ汚染について »

数学、科学」カテゴリの記事