無料ブログはココログ

amazon

フォト

« 光は直進しない | トップページ | NASAが地球に似た惑星を発見 »

2011年9月26日 (月)

素粒子ニュートリノは光速以上?

最近、大きなニュースが飛んできた。

素粒子ニュートリノが光より速く移動できるという実験結果が発表されたのだ。

ニュートリノは質量がないと思われていて、地球すら素通りする素粒子だ。

また、近年になってわずかだが質量があるとも言われている。

今度は、光より早く移動できるというのだ。どの程度かと言うと、光が1000キロ進む場合、ニュートリノはさらに20メートル先まで進むことになる。つまり、100万分の20だけ早いことになる。

世界の物理学者は驚きを隠せないでいる。計測の誤差ではないかと多くの物理学者は考えている。

アインシュタインの相対性理論では、質量のあるいかなる物質も光より早く移動できないことになる。もし光と同じ速度で移動するためには無限大のエネルギーが必要なだけでなく、光速では時間も止まる。これは時空間が歪むためだ。

もしニュートリノが光速よりも早く移動するとなると、時空間の歪みはマイナスの歪みとなり、時間が逆転することになる。つまり、過去に向かって移動することになり、過去には移動しているニュートリノが存在しない場合もある。なのに移動する? 存在しないのに移動する?

結論がでるのにはまだまだ時間が掛かるが、非常に難しく、理論も出ないかも知れない。

なのに、ニュースではさっそく、「タイムマシーンが可能」とか、「ワープ航法が可能」とか、述べているものもある。まったく馬鹿げている。科学を知らない程にも程度はあるが、それ以上の愚の骨頂である。(もっとこのブログを読んで欲しい)

そもそもニュートリノそのものが解明されていない。まだまだ得体の知れない素粒子なのである。その素粒子の話が、なぜタイムマシーンまで発展するのだろうか。

ともあれ、ニュートリノについては興味ある話である。

また一杯飲めるかも知れない。

« 光は直進しない | トップページ | NASAが地球に似た惑星を発見 »

数学、科学」カテゴリの記事